roughstyle

rough style=rough river style 埼玉から各地へ

小さなハンドメイドルアーブランドroughstyle

海無し県の埼玉でリバーシーバスをメインに経験して来た事から、
「こんな動きのルアーが欲しい」
「こんなルアーで釣りたい」
を再現するために、試行錯誤しながら一つ一つ作っているハンドメイドルアーファクトリーになります。
優秀で優等生的なルアーで確実に数を釣って行くのでは無く、一本の魚、その一本の魚を釣る喜びが大きく、忘れる事の無い様な思い出にほんの少しでも携われたなら幸いです。

その様な、釣れて楽しい!と思えるルアーが作れた時に販売開始になります。

オンラインショップ
Instagram

タッパー158DF
タッパー158DSF
Length:158mm
Weight:47g±(DF), 51g±(DSF)
2アイシステムのフローティングミノー(DSFはスローフローティング)
口のアイに付けるとフラフラと弱った魚の様な動きでロール主体のアクション。
ジャークすると腹を上に向けては直ぐに戻り、上下左右に不規則なスライド。
頭のアイを使うと、口のアイを使っている時よりハイピッチロールになりますが、バイブレーションの様な速巻きに対応した物では無く、よりデッドスローに誘う使い方が有効になる時があります。
口のアイ使用時と同じレンジを、頭のアイではよりスローに引いてもロールアクションする様になっています。
タッパー110F
タッパー110SF
Length:110mm
Weight:23g±(F), 26g±(SF)
ローリングアクション主体のフローティングミノー(SFはスローフローティング)
狙いのレンジはFタイプが0cm〜30cm程、SFタイプは20cm〜50cm程になります。
ドリフトで流しながらの弱々しい動きでフィッシュイーターを誘います。
ジャークやトゥイッチにより、アングラー側から積極的に仕掛けるスライドアクションも面白いルアーで、腹を上に向けてはすぐに戻る、反転スライドアクションが特徴。スレた魚に強制スイッチを入れリアクションバイトを狙うのも時として有効になります。

関連記事

  1. 宮廣 祥大

  2. Hunt Down

  3. 桧原湖・八郎潟SWANガイドサービス

  4. TROUT SPOONS Lab

  5. SQUIDCORE

  6. YOTUBA LURE’S