B.P.Bait

ハイテク・タックルの向こう側にある
トップウォーターのスタイルを提案し
こだわりながら進化を遂げ
自由なアイデアを詰め込んだ珠玉の釣り道具を
手に取って感じてみてください

公式サイト
オンラインショップ
Facebook
Instagram

オリジナル・ザッパー
BPベイトナンバーワンの釣れ筋ルアーで、首振り良し、スリ抜け良し、ただ引き良しのあらゆる場面で活躍すること間違いなしのダブルスイッシャーです。ベリーにダブルフック1本でスリットリグ構造の為、すり抜け性能が高く、簡単に首振りアクションが繰り出せます。当初は「1フックで大丈夫?」という声もありましたが、むしろ際どい所にぶち込んでバイトチャンスを増やした方が釣果に繋がると考えます。
F.S.エキスパート
BPベイトのフラッグシップルアー「エキスパート」のフラットサイドモデル。ベストのウェイトバランスによって、ピンポイントでの首振り性能、早巻きや強いアクションをしてもボディーが回転して糸が撚れてしまう心配は要りません。また、ボディーがスリムな分フックアップ率も見込まれます。頼りになる存在感のあるルアーです。
ロータリーポップ
いわゆるロータリーヘッド系のルアー。軽快なピンポイントでの首振りが大の得意技。ペラにラインを巻き込むことも無くなりますのでストレスフリーで首振りアクションが繰り出せます。とりわけ、パニック系高速首振りアクションではフロントに彫り込まれたカップ形状も相まって、ちょっとしたポップ音を発しつつ、スプラッシュを飛ばし、軽快なアクションをしてくれます。
ケツカッチン
首振りアクションをした時には分かり易いカチカチ音を発しバスを刺激。一般的なラトル音とも違う、はたまたバド系のそれとも違う…一種独特の音で、しかもリップが首振りのキッカケづくりをしてくれますから、誰にでも容易にアクション出来トップウォーター初心者でも安心!また、ただ引き時にはヒレパーツが左右に揺ら揺らしつつ、ロッドアクション時とは違った音色の「カサカサ」と音を発しオートマチックにバスを誘います。
ケム・チコパンチ
このルアーは春の房総アカガエルパターンの時に自分が使いたいルアーとしてカタチにしました。引っ掛けてチョンチョン誘う事も出来るし、時には蛙ライクなスイミングアクションでも誘えるというのが喰わせる為の決め手になるんじゃないかと、イメージして作ってみました。ちなみにチコパンチは重量にして8グラムありますから、専用のタックルを用意しなくとも普段使いのタックルでもキャスト出来るでしょう。
リボルバー#514SD
ハンドル中央のクラッチボタンを押すとフリースプールとなり、普通のリールの様に使えるダイレクトリールです。勿論、クラッチを切らずににそのままキャストする事も出来ますので、いわゆる普通のダイレクトリールとしても使用できます。これまで、ダイレクトリールにちょっと手が出なかった人には、特にお勧めです。

■ 関連動画

関連記事

  1. take handmade lures

  2. CLASSIC WORK STUDIO

  3. KOKUBO MAKOTO Lake Biwa Bass Fishing Guide Service

  4. FREE SAIL

  5. Bari Craft

  6. YOHEY CRAFT